大泉学園の歯医者 HOME  > 小児歯科

小児歯科

お子さんの健やかな成長のために

お子さんの健やかな成長のために

小児歯科では、お子さんの虫歯治療はもちろんのこと、なりかけの虫歯や悪い咬み合わせなどを早期に発見し治療することで、お子さんの健やかな成長を促す診療をおこなっています。敏感なお子さんが歯医者に苦手意識を持ってしまうことがないよう、まずは雰囲気に慣れていただくために、治療に使う器具を見せながらお話をすることから始めていきます。

お子さんの歯の成長期間は長く、大人になってからの口腔内環境にまで大きく影響する大切な時期でもあります。ご自宅でのブラッシング習慣に加え、歯科でのケアを併せることで、その成長をサポートしてあげましょう。

キッズスペース完備!

キッズスペース完備!

当院では、治療の待ち時間にお子さんに遊んでいただけるキッズスペースを完備しています。治療待ちのお子さんが楽しめるのはもちろん、お子さん連れで来られたお父さん、お母さんも、安心して治療を受けていただけます。

フッ素塗布とシーラント

お子さんの歯を虫歯から守るために、ご自宅でのブラッシング習慣に加え、歯科でおこなえる処置、「フッ素塗布」と「シーラント」をご紹介します。

フッ素塗布 フッ素塗布 虫歯菌の出す酸に対して歯を強くする効果を持ったフッ素を塗布する処置です。乳歯や、生え替わったばかりの永久歯に特に有効で、初期の虫歯ならこの処置で治すことも可能です。
シーラント シーラント 複雑な溝を持ち、みがき残しが出やすい生え替わったばかりの永久歯の溝に、あらかじめ歯科用プラスチック樹脂を埋め込む処置です。食べカスが詰まりにくく、ブラッシングしやすくなります。

床矯正について

床(しょう)矯正とは、入れ歯のように取り外せる装置を使い、未発達な顎の骨を正しい大きさに導いていく矯正治療です。抜歯せずに歯が正しく並べるスペースを作る方法だといえます。

お子さんの歯並びや咬み合わせがおかしい場合、それを放っておくと将来的に顔つきにゆがみが生じることもあります。正しいお口の機能を取り戻すためだけでなく、コンプレックスから守るためにも、成長期のうちに床矯正をおこなうことをオススメします。

妊娠中の歯科治療

妊娠中の歯科治療

「妊娠すると歯が弱くなる」なんて話、聞いたことはありませんか?
―妊婦さんとお口についてのお話です。―

COLUMN

「妊婦さんが虫歯になりやすい」というのは、本当のことなんです。体や環境の変化は、お口に大きく影響します。では、その変化とは……?

  • 体内のホルモンの働きが変化することでだ液量が減少し、プラークがつきやすくなる!
  • 食べたいものが変わり、甘い物を食べる回数が増える!

――これでは虫歯になりやすいわけですよね。安定期に入ったら、一度検診を受けることをオススメします。

またお腹の中の赤ちゃんの歯は、妊娠5~9週目に乳歯が、そして16週目には永久歯が成長を始めます。赤ちゃんの将来の歯質を丈夫にしてあげるために、カルシウムをはじめ、リンやたんぱく質、ビタミンA、Bなどをバランスよく摂取しましょう。

注意!赤ちゃんのうちに虫歯を防ぎましょう

実は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯菌がいないことをご存知ですか? 虫歯菌は、お父さんお母さんがキスしたり、大人のお箸でご飯をあげたりすることでうつってしまうのです。何気ない日頃の行動にも気をつけましょう。