大泉学園の歯医者 HOME  > 審美歯科

審美歯科

歯の美しさを求めて

歯の美しさを求めて

審美歯科では、歯の色を白くするホワイトニングのほかに、気になる銀歯を自然な白い素材に変える、事故などによって欠けてしまった歯を天然歯と変わらない見た目に修復する、といった治療をおこないます。

審美歯科治療のほとんどは自費診療になりますが、治療後の満足感は保険診療とは比べものになりません。歯の見た目に気になる点がある方は、どうぞ一度お気軽にご相談ください。

当院は、咬み合わせの研究で博士号を取得した院長をはじめ、審美治療(セラミック治療)も得意としております。 無料カウンセリング(要予約)も行っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

セラミックを使ったメタルフリー治療

セラミックを使ったメタルフリー治療

保険診療で銀歯を選択した場合、あとになって見た目が気になってコンプレックスを招くケースがあります。そのため今日、金属を使わないメタルフリー治療を希望する方が増えています。

人工歯についても、金属を使用したものには光の透過性がなく、印象が不自然であるのに対し、セラミックを使用したものは見た目も非常に自然です。美しさと共に機能も回復できるメタルフリー治療は、審美歯科治療においてとても重要なのです。

メタルフリー治療のメリット

メリット1
高い審美性を再現できる!
金属を全く使用しないことで、透明感のある自然な美しい色調を歯を再現できます。金属による歯茎や歯根の黒ずみもありません。
メリット2
金属アレルギーの心配がない!
金属アレルギーをお持ちの方の治療にも、心配はいりません。
メリット3
歯根の破損を防止!
セラミックは適度な弾性を持つため、歯根にも優しい素材です。

当院取り扱いセラミック

当院では、以下のセラミックについて対応が可能です。患者さんの症状やご希望によって、適した素材は異なります。詳しくはお気軽におたずねください。

  • オールセラミック
  • ハイブリッドセラミック
  • ジルコニア
  • メタルボンド

ジルコニア

「白い金属」と呼ばれるジルコニアは、純白の美しさと金属の強さを兼ね揃えた素材です。ジルコニアにセラミックを焼き付けたクラウンは、自然で美しい透明感を持つ上に、裏側から金属が見えるということがありません。従来のオールセラミックよりも高い強度を持ち、かつ金属アレルギーの心配もなく、非常に安心です。

オールセラミッククラウン

歯の周囲を1~1.5mmほど削り、その上にオールセラミックのクラウンを被せる方法です。自然な透明感を持ち、歯並びや咬み合わせを天然歯と変わりない状態にできます。
セラミックには天然歯と同等以上の強度があり非常に丈夫な上、金属アレルギーの心配がありません。短期間で口元を美しくしたい方にオススメです。

術前

術前

術後

術後

メタルボンド

メタルボンド

フレーム部分が金属でできたセラミックのクラウンが「メタルボンド」です。表面の硬度が高いためすり減りにくく、色素沈着が起こりにくいことから、変色の心配もほとんど不要です。

ラミネートベニア法

歯の表面を薄く(0.5mmほど)削り、その上に付け爪のような薄いセラミックの板を貼り付けて歯の色を白くし、形を整える方法です。ホワイトニングでは白くならない歯の黒ずみや、前歯のすきっ歯に適しています。2~3回の通院で仕上がり、非常にお手軽な治療です。

術前

術前

術後

術後

金属を使わない土台:ファイバーコア

歯が安定しにくい方に人工歯を安定させるためには、まず歯の土台(コア)を治療しなくてはなりません。その際には、歯への負荷に耐えられる適度な柔軟性と耐久性のある土台が必要になります。

それに最適なのが、グラスファイバーのピンでプラスチックを補強したファイバーコア。天然歯に非常に近い硬さと弾力性を持っており、大部分の歯質を失った歯にも最適です。