大泉学園の歯医者 HOME  > インプラント

インプラント

インプラントとは

インプラントとは

インプラントとは、歯が抜けてしまった部分の顎の骨に埋め込む「人工歯根」のことです。インプラントが顎の骨にしっかりと結合し強い「根」となるため、天然歯と変わらない咬み心地が蘇ります。

インプラント治療は今日、咬合機能を回復させる処置(入れ歯、ブリッジ、インプラント)の中でも最良の治療と言われています。見た目も天然歯に非常に近く、「第二の永久歯」と呼ばれることもあるのです。

当院ではインプラント治療にあたって、事前のCT検査などをきちんとおこなった上で治療計画を立て、取り組んでおります。患者さんの健康なお口を取り戻すことができるインプラントについて、詳しくはお気軽におたずねください。

インプラント治療のメリット

インプラント治療のメリットをまとめます。

メリット1
安定感が高い!
天然歯と同じ形で顎の骨にきちんと固定されるため、咀嚼の際に違和感がありません。またその機能も長期的に保たれます。
メリット2
咬む力を回復できる!
咬む力が天然歯の約80%まで回復できます。失った歯が多い場合でも、対応可能です。
メリット3
見た目が自然である!
審美性が高く、天然歯とほとんど見分けがつきません。
メリット4
顎の骨を守る!
通常の義歯は咬む力が顎の骨に伝わらないため、徐々に骨が退縮してしまうのに対し、インプラントは刺激がしっかり伝達するため、顎の骨を維持することができます。

インプラント治療 FAQ

インプラント治療について寄せられる、多くの質問とその答えをご紹介します。こちらにない疑問点については、お気軽にお問い合わせください。

Q 治療は痛くないですか?

A:インプラント手術にあたっては十分な局所麻酔をおこなうため、感じる痛みは抜歯程度とお考えください。当院では痛みを軽減させるための処置をおこなっていますので、痛みに敏感な方は事前におたずねください。

Q 治療期間はどのくらいかかりますか?

A:手術時間はおおよそ数時間程度で、入院の必要はありません。症状により個人差がありますが、術後は経過観察のために4~6ヶ月は通院していただく必要があります。

Q普段の喫煙は手術に影響がありますか?

A:タバコに含まれるニコチンは、歯周病をはじめとしたお口の症状を悪化させるリスクをはらんでいます。ニコチンが血管に入ると、血管が収縮し、血流が悪くなります。顎の骨の中や歯茎の毛細血管は非常に細く、収縮によってバクテリアを食べる白血球が末端まで届きにくくなってしまうのです。インプラント手術を受けるにあたって、喫煙は控えていただくことが賢明です。

Q費用が高いと聞いたのですが……?

A:治療費は、患者さん一人ひとりの症状や治療内容によって大きく異なります。インプラント治療には保険こそ適用されないものの、回復する機能性については保険診療とは比べものになりません。また治療後にも適切なケアを持続すれば、その機能を長期的に保つことが可能です。ご自身が求めているものをよく考え、ご判断いただければと思います。

Q治療後には、面倒なケアが必要になりますか?

A:インプラント治療後に、特別なケアは不要です。通常の適切なブラッシングと定期検診に通っていただくことで、長期的にその機能を保つことができます。例としては、40年以上も問題なく機能しているケースもあります。